川久保玲(kawakubo rei)

[Comme des Garçons創設者」黒の衝撃

1942・10・11〜
世界中が認めるファッションデザイナー。
 1975東コレを皮切りに、1982パリコレにて
今となっては『伝説の黒服』を発信。賛否両論はあったが
天才的な発想は今も全ての人を混乱させ彼女は楽しんでいるよう。
特に服のデザインもシーズンごとに全くちがくデザイナーが
何人もイルカのようなトリッキーでワクワクさせるのが特徴。
思想的な発言にも信者が多い。
 

すでに見たものではなく、すでに繰り返されたことではなく、新しく発見すること、前に向かっていること、自由で心踊ること。

川久保は最終的なモチベーションを支える3つのことについて述べている。
1つはファッション業界への貢献。ほぼ全てを日本製のものを使っている。
2つ目は自分が発信するデザインで世界中の人が豊かな気持ちになれるようすること。
3つ目はその実現のために働いてくれる仲間とその家族へ生活を保障すること。
この3つの夢が彼女のモチベーションであり、社会、産業、生産者への思い出もある。
その価値観が僕も大好きで仕方ないからコムデギャルソンを今日も着る。

top